がん保険を支払いのタイミングで見る

がん保険を支払いのタイミングで見る

がん保険は多くの保険会社から様々なタイプの商品が出ていてどれがいいのかよくわからないですよね。
がん保険はいくつかのタイプに分けることができるのでまずは自分、家族にあったがん保険のタイプを見つけてそれから細かい違いを比較してみるのが失敗しない選び方です。

給付金が支払われるタイミングで分けると次の二種類に分けられます。
一つはバランス型、最も売れているタイプです。
大体の保険会社で一番プッシュされている商品です。

特徴はまさにバランス型で診断時、入院時、手術時、再発時どの段階でも給付金がもらえる可能性があることです。
保障は手厚く、いざというときには安心ではあります。
デメリットはどれがカバーされていてどれがされてないのか非常にわかりにくいのでよく確認する必要があります。
例えば診断時に給付金がもらえる保険の場合、治療後再発したものを診断された時にはもらえないことがあり得ます。
がんの進行段階や入院するかどうかで給付金がもらえなかったり減額されたりすることもあるので、どうなったら給付金がもらえるのかはよく確認しておきましょう。

もう一つは最近流行りだしているもので、がん診断時の給付金だけもらえる保険です。条件次第ではもらえないかもしれない保険に頼らずに、診断時にもらえる確実なものだけ当てにするという発想から流行りだしてるようです。
特化している分、月々の保険料はバランス型よりも安く済みますし、条件がわかりやすいのがメリットです。
自分の望む保証に合ったタイプを選んで、申し込みをするようにしましょう。

最新のお知らせ

  • [2017年01月19日]
    ホームページを更新しました。

  • [2017年01月19日]
    運営者情報を追加しました。